フォローする

EPSON TM-m30Ⅱ-Hを設定する

対象プラン

  • スタンダード
  • フードビジネス
printer-TM-m30Ⅱ-H-1.png

レシートプリンター TM-m30Ⅱ-HはLANケーブルを使用したEthernet接続に対応しています。

TM-m30Ⅱ-HはIPアドレスを自動取得しますが、停電やルーターの再起動でIPアドレスが変わってしまう可能性があります。
事前にIPアドレスを固定することで、営業中のトラブルを防ぐことができます。

ケーブルの配線

本文中の画像はクリックすると大きなサイズで表示されます
  1. プリンター本体の裏側にケーブルを接続します

    プリンター背面のカバーを外して各種ケーブルを挿入します。

    プリンター本体の、レシートが排出される面の裏面にあるカバーを外します。

    画像のに電源ケーブル、にLANケーブルを接続します。


    接続すると画像の様になります。

    カバーを元に戻して配線完了です。

IPアドレスの設定

本文中の画像はクリックすると大きなサイズで表示されます
  1. プリンター本体の電源ボタンをONにします

    電源をONにするとランプが点灯し、初回起動時はレシートが印刷されます。

  2. IPアドレスの記載されたレシートを確認します

    記載されている『IP Address』の値を控えます。

    プリンターの電源をOFFにし、フィードボタン(紙送りボタン)を押しながら電源をONにすることで、同じレシートを印刷することができます。

  3. プリンターの管理画面にログインします

    端末のSafariを開き手順で控えたIPアドレスを検索します。


    『接続はプライベートではありません』と表示されますので、『詳細を表示』をタップします。

    『このWebサイトを閲覧』をタップします。

    続けて『Webサイトを閲覧』をタップします。

    ユーザ名に『epson』、パスワードに『epson』または『製品のシリアルナンバー』を入力します。

    『ログイン』をタップします。

    シリアルナンバーはプリンター裏側のシール(製造銘板)で確認できます
  4. IPアドレスの設定画面を開きます

    左部のメニューから『TCP/IP』をタップします。
  5. IPアドレスの設定を行ないます

    『Acquiring the IP Address』を『Manual』にします。

    『IP Address』『Subnet Mask』『Default Gateway』を設定します。
    入力する値については以下の表をご覧ください。

    入力が完了したら『send』をタップします。

    項目 説明
    IP Address TM-m30に割り当てるIPアドレスを入力します。
    手順で確認したIPアドレスを参照し、一番右の数値だけを異なる値で入力します。
    IPアドレスが他の機器と重複することを避けるため、200~255の値を推奨します。

    【例】
    確認したTM-m30のIPアドレスが『192.168.1.26』だった場合
    『192.168.1.200』
    Subnet Mask 『255.255.255.0』を入力します。
    Default Gateway 『IP Address』に入力した値の一番右の数値だけを『1』にした値を入力します。

    【例】
    『IP Address』に入力した値が『192.168.1.200』だった場合
    『192.168.1.1』
  6. IPアドレスの設定を完了します

    【Reset】をタップしてIPアドレスの設定完了です。

    続いて、ウェイターの管理画面にプリンターの情報を登録します。

ウェイター管理画面の設定

本文中の画像はクリックすると大きなサイズで表示されます
  1. 店舗一覧画面を開きます
    Waiter_tenpo_001.png
    Waiter_tenpo_001.png
    管理画面にて、『店舗 > 店舗一覧』をクリックします。
  2. 店舗の設定画面を開きます
    Waiter_tenpo_002.png
    Waiter_tenpo_002.png
    店舗の一覧から、設定を変更する店舗名をクリックします。
  3. プリンターの登録画面を開きます
    waiter_printer_001.png
    waiter_printer_001.png
    『印刷 > プリンター』をクリックします。
    waiter_printer_002.png
    waiter_printer_002.png

    【+プリンターの新規登録】をクリックします。

    プリンターの設定を編集する場合はプリンター名をクリックします。

  4. 新規プリンターの登録を行ないます
    Waiter_tenpo_002.png
    Waiter_tenpo_002.png

    基本情報を設定します。
    詳しくは以下の表をご覧ください。

    【登録】をクリックします。

    以上で管理画面でのプリンターの登録は完了です。

    項目 説明
    プリンター名 任意でプリンターの名称を入力します。
    キッチンプリンターやドリンクプリンターなど、わかり易い名称を推奨します。
    プリンター型名 『セイコーエプソン株式会社 TM-m30』を選択します。
    IPアドレス プリンターに設定したIPアドレスを入力します。
    グローバルポート番号 ルーターのポートマッピング設定で指定したポート番号を入力します。
    サーバー印刷を利用しない場合は未設定で問題ありません。
    自動迂回用プリンター 指定した出力先プリンターが使用できない状態になっていると、自動的に別のプリンターから出力するように設定できます。
    迂回先プリンターには、同型の機種しか選択できません
  5. ウェイター・アプリで同期を行ないます
    app_douki_001.png
    right.png
    app_douki_002.png
    app_douki_001.png
    right.png
    app_douki_002.png

    管理画面の設定は『同期』を行なうことで、ウェイター・アプリに反映します。

    ウェイター・アプリでトップ画面右上の【アイコン】をタップします。

    『[マスターデータ] 店舗』をタップします。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
このページの先頭へ