フォローする

基本設定について

管理画面での処理を行なう際の基本設定を指定する項目です。
 

【基本設定】の項目

  1. ウェイター管理画面 『歯車アイコン > 基本設定』と選択します。
    waiter_setting_01.png
  2. 基本設定ページの【基本設定】が表示されます。
    項目内容の詳細については下記の表をご参照ください。
    waiter_setting_02.png

    項目 説明
    テーブル状況更新間隔 管理画面 営業状況の『テーブル状況』の内容を更新する間隔を選択できます。
    1分〜60分で指定できるので、店舗の運営に合わせて設定してください。
    未配膳一覧更新間隔 管理画面 営業状況の『未配膳の注文』の内容を更新する間隔を選択できます。
    10秒〜600秒で指定できるので、店舗の運営に合わせて設定しください。
    マスター情報更新通知 メニューの追加や修正を行なうなど、端末と同期が必要な場合、端末にその旨を通知する設定です。
    ONにしている場合、マスター情報を更新するよう端末に表示がでます。
    ※更新が必要なマスター情報も記載されています
 
 

【メニュー初期値】の項目

  1. ウェイター管理画面 『歯車アイコン > 基本設定』と選択します。
    waiter_setting_01.png
  2. 基本設定の画面が表示されるので、【メニュー初期値】をクリックします。
    管理画面の【メニュー】から新規追加する際に選択される項目を指定することができます。
    項目内容の詳細については下記の表をご参照ください。
    waiter_setting_03.png

    項目 説明
    税区分 新規追加時、税区分が設定した内容に合わせた状態で開始されます。
    税込 / 税抜 / 非課税 から選択することができます。
    単価 新規追加時、単価が設定した内容に合わせた状態で開始されます。
    通常 / オープン から選択することができます。
    ※【オープン】注文時に金額を指定する画面が表示されます
    サービスチャージ 新規追加時、サービスチャージが設定した内容に合わせた状態で開始されます。
    計算対象 / 計算対象外 から選択することができます。
    会計対象 新規追加時、会計対象が設定した内容に合わせた状態で開始されます。
    対象 / 対象外 から選択することができます。
    ※【対象外】レジに該当商品のデータが送信されなくなります
    印刷対象伝票 新規追加時、印刷対象伝票が設定した内容に合わせた状態で開始されます。
    会計伝票 / 注文伝票 / キッチン伝票 のそれぞれをON/OFFできます。
    ※【OFF(未チェック)】該当のメニューは伝票に印字されなくなります

ワンポイントアドバイス

本項目で設定した内容は『管理画面上でメニューを追加する』場合に適用されます。
CSVでメニューを追加する場合はCSV上で該当設定を指定する必要があります。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください