フォローする

端数値引きを設定し、会計時に細かな小銭分が出ないようにする

ここでは端数値引の設定について案内します。
端数値引とは、『108円の商品は100円(8円引き)として扱う』などを設定する機能です

管理画面の設定方法

本文中の画像はクリックすると大きなサイズで表示されます
  1. ウェイター管理画面の『店舗 > 店舗一覧』を開きます

     

  2. 店舗の一覧から設定を行なう店舗をクリックします

    店舗の一覧から設定を行なう店舗をクリックして編集画面を開きます。

  3. 端数値引の項目で、切り捨てる単位を選択し情報を更新します

    「一の位」から「千の位」まで4つの単位から選ぶことが可能です。
    ※今回は「一の位」を選択します。

アプリでの挙動

本文中の画像はクリックすると大きなサイズで表示されます
  1. ウェイター・アプリで商品を注文します

    ※今回は「目玉焼きカレー ¥777」を選びます。

  2. 注文が完了した段階で『一の位』の端数が差し引かれます

     

help-asset-onepoint.png ワンポイントアドバイス

【端数値引】
細かい小銭が発生しないよう設定できるため、
・会計がスムーズに行える
・丸められた小銭分のお得感がある(切り捨ての場合)
などの利点があります。

help-asset-y.png スマレジ・アプリのデータ同期が必要です

スマレジ管理画面で設定変更を行った場合、必ずスマレジ・アプリのデータ同期(店舗)を行なってください。
操作方法については、以下のページをご参照ください。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
このページの先頭へ