フォローする

セルフオーダーの初期設定

スマレジ・ウェイターのセルフオーダー機能を行なう際に、事前にあらかじめ複数の設定が必要です。

 


ポートマッピングの設定

無線LANルーターへポートマッピングの設定を行ないます。
この項目ではAir Mac Extremeでの設定手順をご案内します。
BUFFALOのルーターを使用する場合は、以下のヘルプページをご参照ください。

 

  1. Air Mac Extremeの設定を行なう【Air Mac Utility】を起動します。
    kanri.png
    〈画像をクリックすると大きなサイズで表示されます〉
    【Air Mac Utility】を起動し、設定するベースステーションを選択します。
  2. ポートマッピングの設定画面を開きます。
    kanri.png
    『詳細設定 > ポートマッピング』に進み、『+』クリックします。
  3. 『ポートマッピング設定アシスタント』を設定します。
    kanri.png
    『パブリックTCPポート』『プライベートIPアドレス』『プライベートTCPポート』をそれぞれ入力します。
    各項目に入力する値は画像下の表を参考にしてください。

    ポートマッピングの設定項目

    項目 内容
    パブリックTCPポート 指定の数値はありませんが、50000番台以降の数値であることが望ましく、管理しやすいようにプリンターのIPアドレスの下3桁を組合せた数値とするのが良いでしょう。

    (例)
    プリンターIPアドレス→192.168.1.200 ならば パブリックTCPポート→50200
    プリンターIPアドレス→192.168.1.201 ならば パブリックTCPポート→50201等
    プライベートIPアドレス プリンターに設定したIPアドレスを入力します。
    プライベートTCPポート 『9100』を入力します。
    この数値は他の数値に関わらず「9100」で固定です。
  4. 入力後、次の画面へ進みます。
    kanri.png
    『続ける』をクリックします。
  5. 設定を完了します。
    kanri.png
    『説明』を入力して、『完了』を押します。
    『説明』の内容は任意です。入力後、【完了】をクリックできます
  6. [手順2]~[手順3]の作業を店舗すべてのレシートプリンターの台数分行ないます。
    kanri.png
    店舗で利用するプリンターの台数分設定を行ない、設定が完了したら『更新』をクリックします。
  7. 設定を完了します。
    kanri.png
    確認画面が表示されるので『続ける』をクリックします。

 


プリンターの設定

ポートマッピングの設定をウェイターのプリンターと紐付けします。
ウェイターの管理画面にログインして以下の設定を行なってください。

 

  1. 店舗の一覧を表示します。
    kanri.png
    『店舗 > 店舗一覧』をクリックします。
  2. 設定する店舗を選択します。
    kanri.png
    店舗一覧からセルフオーダーの設定を行なう店舗を選択します。
  3. プリンター画面を開きます
    kanri.png
    『印刷』タブをクリックし、【プリンター】をクリックします。
  4. 登録されているプリンターが一覧で表示されます。
    kanri.png
    紐付けを行なうプリンターをクリックします。
  5. プリンターの編集画面が開きます。
    入力後、保存することで設定が完了します。
    kanri.png
    『グローバルポート番号』にルーターで作成した【パブリックTCPポート】の値を入力します。
    入力後、画面右下の『保存』をクリックすると設定が完了します。

 


サーバー印刷の設定

スマレジのセルフオーダー機能を利用する場合、伝票の印刷内容は店舗の印刷設定に依存します。
そのため、管理画面で設定を行なう必要があります。
伝票印刷の制御は『サーバー印刷』の利用が必須となります。

 

  1. 店舗の一覧を表示します。
    kanri.png
    『店舗 > 店舗一覧』をクリックします。
  2. 設定する店舗を選択します。
    kanri.png
    店舗一覧からセルフオーダーの設定を行なう店舗を選択します。
  3. 『印刷設定』画面を開きます
    kanri.png
    『印刷』タブをクリックし、【印刷設定】をクリックします。
  4. サーバー印刷の設定を行ないます。
    kanri.png
    各項目の設定を行ないます。

    『グローバルIPアドレス』
    【自動取得】と【固定】から選択します。
    詳細は以下のリンクでご確認ください。
    『伝票のサーバー印刷』
    【利用する】を選択します。
    詳細は以下のリンクでご確認ください。

ウェイター管理画面の設定

ポートマッピングとプリンターの設定ができたら、セルフオーダーの機能ONにします。

 

  1. ウェイター管理画面で『セルフオーダー』タブを開きます。
    kanri.png
    管理画面の『店舗 > 店舗一覧』から設定を行なう店舗をクリックし、上部タブの『セルフオーダー』をクリックします。
  2. 設定画面の各項目を入力します。
    入力が完了後、『更新』をクリックして設定を完了します。
    kanri.png
    各項目の入力が完了したら、画面下部の『更新』をクリックして設定完了です。
    各項目に入力する値は画像下の表を参考にしてください。

    ポートマッピングの設定項目

    項目 内容
    セルフオーダー機能 セルフオーダー機能自体を利用するか選択して下さい。
    ロゴ セルフオーダーのトップ画面で表示されます。
    注文状況 セルフオーダーの画面上に、注文の状況を表示するか選択して下さい。
    ゲーム機能 ONにすると、ゲーム機能が利用可能になります。 ゲームの形式は、カードが3枚表示されその中から1枚を選ぶ形式です。
    ゲーム参加条件となる注文対象 ゲーム参加条件の合計注文金額の計算対象を、セルフオーダーのみとするか、すべての注文とするかを選択します。
    ゲーム参加に必要な注文金額 ゲームに参加できる金額を入力します。
    当たり確率 当たりの確率をパーセンテージで入力します。
    当たりレシートのタイトル 当たりレシートのタイトルを入力します。
    当たりレシートに記載する内容 例えば『生ビール1杯が無料になりました!』等の当たりレシートに記載する内容を入力します。(1000文字以内)
    当たりレシートに記載する注意事項 当たりレシートに記載する注意事項を入力してください。
    例)※品切れの場合は別商品のご提供となります。
この記事は役に立ちましたか?
2人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
このページの先頭へ