フォローする

【注文設定】ウェイターの注文画面をカスタムしたい

Waiterの注文画面タイプは3つあります。

 

アプリの設定を開き、

 

「注文設定」から設定できます。

 

タイプごとの注文画面を紹介します。

 

セクションタイプ

 

すべての商品が一覧で表示されます。

カテゴリーの名前で区切り(セクション)されています。

 

セクションタイプの注文画面。全商品がずらっと一覧できます。

商品点数があまり多くないお店などにおすすめです。

 

タブタイプ

 

カテゴリーがタブとして表示され、右には商品が並びます。

 

商品点数が多くてもカテゴリー毎に素早く検索できるのが特徴です。

とくに、ケーキとドリンクなど

同時に別カテゴリーの注文を受ける際に大変便利です。

 

ナビゲーションタイプ

 

最初にカテゴリーを選んでから商品を表示させます。

 

カテゴリーが大きく表示されますので、

カテゴリーが多いお店などにおすすめです。

 

商品点数やカテゴリー数など、

お店のオペレーションに合わせて

一番のタイプを探してみてください。 

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください